Mitsuチャレンジ

チャレンジが人生を充実させます。私が今までチャレンジしてきた事を綴ります。

映画

クラッシュ(Crash)ネタバレあらすじ レビュー

投稿日:

2004年製作(アメリカ)112分

監督:ポール・ハギス

個人評価:★★★☆☆

キャスト
ドン・チードル(グラハム)ロス市警の黒人刑事
ジェニファー・エスポジート(リア)グラハムの相棒
ブレンダン・フレイザー(リック)白人のエリート検事
サンドラ・ブロック(ジーン)リックの妻
マット・ディロン(ライアン)ロス市警の白人警官
ライアン・フィリップ(トム)ライアンの相棒の白人警官
クリス・ブリッジス(アンソニー)黒人青年
ラレンズ・テイト(ピーター)アンソニーの相棒
テレンス・ハワード(キャメロン)テレビ局の黒人演出家
タンディ・ニュートン(クリスティン)キャメロンの黒人妻の黒人女性
マイケル・ペーニャ(ダニエル)鍵のメキシコ系修理工
ショーン・トーブ(ファハド)雑貨店のペルシャ系移民
バハー・スーメク(ドリ)ファハドの娘

映画「クラッシュ」あらすじまとめ

映画は、黒人刑事グラハムが車を運転中に交通事故に巻き込まれてしまう場面から始まる。

その事故の前日、ペルシャ系移民のファハドは拳銃屋で銃を買いに来たが、店主から“アラブ系は出ていけ”と店を追い出されるが、一緒に来ていた娘が銃を購入した。

同じ日に、黒人青年アンソニーは友人と一緒に白人が集まる街で、エリート検事リックとその妻を銃で脅して車を奪って走り出す。

同じころ、黒人刑事グラハムは黒人警官が白人警官に射殺された事件捜査をしていた。

白人警官ライアンは無線で逃亡車の知らせを聞く。疑わしい停車させたが、それは車種が違っていたので逃亡車ではなかったが、乗車していたのが黒人と知ったジョンは、執拗に職務質問を行う。ジョンはキャメロンの妻クリスティンの身体を触られて彼女が相当な不快感を示すが、キャメロンは我慢して謝罪して、その場を逃れた。家に戻ったクリスティンは、警官に何も抵抗しなかったキャメロンにわめき散らす。

黒人青年アンソニーたちは中国人男を車で轢いてしまうが、そのまま、その男を病院の前に置き去りにして逃げて行った。

白人警官ライアンは尿道炎で苦しむ父を毎日看病していて毎日寝不足である。昔ライアンの父は会社経営をしていて黒人従業員をたくさん雇っていた。しかし、その後、少数民族を保護する法律ができたので黒人従業員を減らすことになり、そのまま会社を潰して全てを失ってしまった。

白人警官ライアンは交通事故の現場に遭遇する。車はガソリンが漏れていて引火寸前である。横転していた車の中にいたのはライアンが職務質問で不快な思いをさせた黒人女性だった。女性も気が付いて泣きわめくが、何とか助け出して九死に一生を得る。

それぞれの面々の、その日の波乱に満ちた結末は本編をご覧ください。

映画「クラッシュ」のキャスト

出典: https://dothelion.jp

製作費をどんだけ掛かけてるんやろか、、この作品は主役級の超大物の役者が出演しています。

ロス市警の寡黙な黒人刑事役のドン・チードルは、「オーシャンズ」、「アイアンマン」、「アベンジャーズ」、「キャプテン・アメリカ」、テレビでは「ER」に出演、製作にも関わっています。

白人のエリート検事役のブレンダン・フレイザーは、「ジャングル・ジョージ」、「ハムナプトラ」などに出演するベテラン俳優。

リックの妻役のサンドラ・ブロックは「スピード」、「デンジャラス・ビューティー」、「オーシャンズ」、「しあわせの隠れ場所」など主役級映画に多数出演して、アカデミー賞、ゴールデングローブ賞も受賞してます。

ロス市警の白人警官役のマット・ディロンは、「アウトサイダー」、「メリーに首ったけ」などに出演。

その他にも、「ミッション・インポッシブル」に出ていたタンディ・ニュートンや、「ラスト・サマー」のライアン・フィリップなど。

それぞれが短いストーリーやのに、人物像をちゃんと演じられていて、それぞれに背負っている葛藤とか感情、背景なんかを理解できるように凝縮できていた事に感心しました。

映画「クラッシュ」のストーリー

ある1日の出来事を、それぞれの人物がそれぞれのストーリーを持っていて、それらの人物が同じ場面に偶然交錯し合うという斬新な作品です。

ちょっと油断していると、突然、他の人のストーリーに移ってしまうんで、しっかり観てへんと、うっかり話の流れが分からんようになってしまいますから気を付けなあきませんでした。

そういう意味では、中だるみする暇がないし飽きはきませんけど、次はどうなるんやろーっという期待感というか、映画に入り込まれへん辺りが、ちょっと残念で、あまり余韻に浸れる作品とちゃいました。

作品の完成度としては非常に評価されてまして、アカデミー賞作品賞を受賞しています。

一つ印象的でショックな場面がありました。銃で脅された鍵屋の父を守るために小さい女の子が父をかばう場面ですが、、ただ、どうなったかは本編を観て下さい。

映画「クラッシュ」を観て考えた事

アメリカに住む、中国人、アラブ人、メキシコ人、黒人に対する人種差別を結構、露骨に赤裸々に表現している作品です。

約15年前の作品ですけど、この頃も今も人種差別の問題は全然解消されていません。

ちょい古いですけど、、マイケル・ジョーダン、マイク・タイソン、モーガン・フリーマン、ウィル・スミス、オバマ大統領など、どんだけ黒人が活躍しようが、それは黒人差別の解消には繋がりませんね。

今世紀中に人種差別はなくならんと思います。現在の文明を築いて戦争にも大勝してきた白人至上主義というか白人優位の世界は変えれません。白人が、見た目が黒いからとか、アジア人の場合は目が細くて肌が茶褐色やからと、偏見の眼差しで見てしまうのは彼らが悪いわけでもないので、我々日本人も、その現実と運命を受け止めるしかないですね。

本格的なAI時代が訪れたら、直接人同士が接するサービス業は壊滅し、不法労働者も、自動運転で交通事故もなくなり、人が合理的に交わう世の中になるので、来世紀の人類は素晴らし世界になっているでしょう。

またまた話が飛躍し過ぎましたが、間違いなく人類平等の時代がやってくるでしょう。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロケットマン 映画

ロケットマン/Rocketman ネタバレあらすじ レビュー

リンク 2019年製作(イギリス・アメリカ)121分 監督:デクスター・フレッチャー 個人評価:★★★☆☆ キャストタロン・エガートン(エルトン・ジョン)ジェイミー・ベル(バーニー・トーピン) 目次1 …

最強のふたり

最強のふたり(Intouchables)ネタバレあらすじ レビュー

2011年製作(フランス)112分 監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ キャストフランソワ・クリュゼ(フィリップ役)オマール・シー(ドリス役) 個人評価:★★★☆☆ 目次1 映画「最強のふ …

きっと、だいじょうぶ

きっと、うまくいく(3 IDIOTS)ネタバレあらすじ レビュー

2009年製作(インド)170分 監督:ラージクマール・ヒラニ キャストアーミル・カーン(ランチョー役)カリーナ・カブール(ピア役)R・マドハヴァン(ファラン役)シャルマン・ジョシ(ラージュー役) 個 …

グッド・ウィル・ハンティング

グット・ウィル・ハンティング/旅立ち(GOOD WILL HUNTING)ネタバレあらすじ レビュー

1997年製作(アメリカ)170分 監督:ガス・ヴァン・サント キャストマット・デイモン(ウィル・ハンティング役)ロビン・ウィリアムズ(ショーン・マグワイア役)ベン・アフレック(チャッキー・サリヴァン …

LIFE! ライフ 映画

ライフ/LIFE! ネタバレあらすじ レビュー

2013年製作(アメリカ)115分 監督:ベン・スティラー 個人評価:★★★☆☆ キャストベン・スティラー(ウォルター・ミティ)クリステン・ウィグ(シェリル・メルホフ)ショーン・ペン(ショーン・オコン …

プロフィール


Mitsugu

現在タイバンコクに駐在。海外生活やスポーツを通じて挑戦を続けています。酒・たばこ・ギャンブルを一切やらない質素な生活の日々です。
小学生から軟式野球を4年半⇒高校生ではラグビーを2年半⇒大学生でスノーボード⇒社会人でプロボクサー⇒現在はマラソン、筋トレを淡々と続けています。
大学生でアメリカロサンゼルスに短期留学⇒ニュージーランドで永住権取得(5年8ヶ月)⇒現在タイバンコクに駐在(7年0ヶ月)

もっと詳しく見る