Mitsuチャレンジ

チャレンジが人生を充実させます。私が今までチャレンジしてきた事を綴ります。

英語

ビジネス英語 フレーズ05(何かを断る時)

投稿日:

重要な取引先であっても、できない事はしっかり断らなければなりません。

相手に不快感を与えない真摯なフレーズで断れば、その後の関係は末永く続けることができるでしょう。

Thank you for your offer. But I’m really sorry, I won’t be able to.

ご提案いただきましてありがとうございます。大変申し訳ございませんが(ご提案を承諾する事は)できません。

※「~できる」にはcanとbe able toがあります。

未来形のwill, should, would, must, may, mightといった助動詞と一緒に「できる」を使う場合は「be able to~」を使わなければいけません。

又、不定詞「to~」の後に使う場合も「be able to」を使います。

ここのストーリーではwillの否定形won’t be able toで使っています。

I’m afraid it is against company policy… It wouldn’t be appropriate.

申し訳ございませんが、その件は会社のポリシーに反する事で適切ではありません。

※wouldについて、ここでは職場で目上の人と話をしているので、丁寧語の表現としてwillの過去形「would」を使っています。

例)I would like to have lunch meeting with you

   (ランチミーティングご一緒させてください)

  Would you mind if I asked you for lunch meeting with you?

  (ランチミーティングをご一緒させていただけませんか?)

With regret, I’m going to have to say no.

残念ながら、遠慮させていただきます。

ここのストーリーではお誘いを断る表現として使っています。

遠回しな言い方ですが、直接的に断るよりも(ご一緒したいのですが、諸事情がありますので、お断りしなければなりません)と、言い訳によく使います。

その他、気になったフレーズ、単語

Dozens of times

何十回

Dozenは1ダース(12個)なので「何度も」の目安として「何十回」というニュアンスで使います。

例)Dozens of celebrities has been suffering from drugs.

  何人もの著名人が麻薬で苦しんでいる。

Slimy

ぬるぬるした、下品な、見苦しい

子供達に大人気のヌルヌルした「スライム」がありますが、そういう粘液性の高いイメージから「見苦しい=下品な=気持ち悪い=反吐がでる」と派生していきます。

Tedious

退屈な

「退屈」は「boring」の方が良く使われますが、「tedious」は「ダラダラと長ったらしくて退屈」というニュアンスです。

例)School principal’s speech was tedious, I was almost asleep during the time.

  校長先生の話が退屈過ぎて、その間は、もう少しで眠ってしまうとことだった。

He looks a bit bothered.

彼は少し困っているように見える

「bother」は「~を悩ませる」とか、「困らせる」という意味。

例)I bother about falling into the great depression due to newly developed virus.

  私は新種のウィルスによって世界大恐慌になるのを心配している。

He’s a waste of space.

やつは使えん奴や

「waste」は「浪費する」とか「無駄にする」とかいう意味で。「space」は人だけでなく物に対しても使えます。

In the end, digital camera has been a waste of space since the high resolution of smart phone camera.

とうとう、高画質のスマホカメラの出現によって、デジカメは使い物にならなくなった。

-英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

決断する 英語

ビジネス英語 フレーズ33(重要な決断をする)

目次1 重要な決断をする2 その他、役に立つフレーズ 重要な決断をする 人生の岐路に立った時、選択肢を迫られた時に使う、とても大切な英語のフレーズです。 ■ I have had some head …

上司の指示 英語

ビジネス英語 フレーズ25(部下への指導/事態を収める)

目次1 部下への指導2 事態を収める3 その他、役に立つフレーズ 部下への指導 今の時代、bossy(高圧的に威張り散らす)な上司は相手にされなくなるだけでなく、社員の会社の士気が下がって業績が真っ逆 …

新商品開発 英語

ビジネス英語 フレーズ27(新商品開発)

目次1 新商品開発2 その他、役に立つフレーズ 新商品開発 新商品開発のアイデアを思い描いた通りの形にするために、全てのコンセプト・スペックを盛り込んだ設計力が製品開発のカギになります。アイデアを的確 …

販売戦略 英語

ビジネス英語 フレーズ15(販売戦略)

目次1 販売戦略打ち合わせで使われる表現2 その他、役に立つフレーズ 販売戦略打ち合わせで使われる表現 資本主義社会の先進国では他社との競争は避けられません。競合他社と戦っていくための議論を円滑に進め …

価格交渉 英語

ビジネス英語 フレーズ16(価格交渉に対応する)

目次1 価格交渉に対応する2 その他、役に立つフレーズ3 ピックアップアイテム 価格交渉に対応する せっかく営業でクロージングをかけようと思っても、購入する側は必ず他社の価格見積もりを入手して最後は価 …

プロフィール


Mitsugu

現在タイバンコクに駐在。海外生活やスポーツを通じて挑戦を続けています。酒・たばこ・ギャンブルを一切やらない質素な生活の日々です。
小学生から軟式野球を4年半⇒高校生ではラグビーを2年半⇒大学生でスノーボード⇒社会人でプロボクサー⇒現在はマラソン、筋トレを淡々と続けています。
大学生でアメリカロサンゼルスに短期留学⇒ニュージーランドで永住権取得(5年8ヶ月)⇒現在タイバンコクに駐在(7年0ヶ月)

もっと詳しく見る