Mitsuチャレンジ

チャレンジが人生を充実させます。私が今までチャレンジしてきた事を綴ります。

英語

ビジネス英語 フレーズ12(苦情を伝える/業績報告)

投稿日:

苦情を伝える

サービスに対し、電話やメールで、英語で苦情を言う場合のフレーズを覚えておきましょう。

苦情であっても、落ち着いて礼儀正しく伝えれば、逆に説得力が増し、相手も受け入れ易くなるでしょう。ここではホテルのサービスに対しての苦情の例文を紹介します。

■ I’m very disappointed with your service.

  そちらのサービスには非常にがっかりしました。

■ The standard of service is not good enough.

  基本的なサービスが十分ではないです。

■ The room I booked did not meet my expectations.

  私が予約した部屋は期待外れでした。

■ I would like resolve this matter as quickly as possible.

  できるだけ早急に、この問題を解決したいです。

■ I would like to cancel my reservation and get a full refund.

  この予約をキャンセルしたいので全額返金してください。

部下に対して悪化している業績の報告

■ I’ve got to give it to you straight.

  君たちにはっきりと伝えなければならない。

■ The outlook is gloomy.

  見通しは暗い。

■ I’ve got to announce a profit warning

  業績の下方修正をしなければならない。

Profitのwarningなので(利益の警告)と訳が分からなくなりがちですが、[株の利益配当ができなくなるかもしれない]というニュアンスから「業績の下方修正」という意味になります。

その他、役に立つフレーズ

■ everyone seems a bit flustered.

  全員、少し慌ただしくなっているようす。

「be flustered」で「慌てる」「動揺する」「うろたえる」という意味になります。

■ you booked him into a good hotel.

  彼に良いホテルを予約してあげた。

「book~into」は、あまり慣れない言い回しかもしれません。
ちなみに「book」と「reserve」の違いはあやふやですが、「book」はレストランで「I booked the table for 3 persons at 7:00pm」というように、条件を特定する時に使います。

それは「reserve」にも当てはまりますが、「reserve」は(他の人が予約できないように)「確保する」というニュアンス的な違いがあります。大体、予約を受け取る側の人は「reserve」と使う事が多いでしょう。

■ You look a bit pale.

  あなた、少し顔色が悪いですね。

「pale」は「青ざめた」とか「元気がない」という意味で「あなた大丈夫?」と心配して使う時が多いです。

■ drink juice out of carton

  ジューズパックに口をつけて飲む

■ And more importantly,

  さらに重要なことは~

■ You betcha

  確かに、そのとおり、了解

「You bet」が砕けた表現で「you’re welcome」「Yes」の意味で使われます。また「I bet~」で「~だろう」と想定する時や、相手に同意する時にも使えます。

例)I bet our life will be changed after ending pandemic virus.
  流行しているウィルス終息後、私たちの生活は変化するだろう。

  Mr. Abe upsets me when he announces his slow action. ⇒I bet!
  安倍さんの行動の遅さにはがっかりさせられる。⇒そうでしょうね!

■ The global recession has led to a meltdown.

  世界の景気後退は市場の大幅下落に繋がっています。

「lead to」で「~を引き起こす」「~の原因になる」「~につながる」という意味です。

例)Global pandemic virus led to global depression.
  世界的なウィルス感染が世界大恐慌を引き起こした。

■ We just ain’t selling enough of~

  ~をしっかり売り上げていない。

「ain’t」は学校で習う事はないですが、省略的な表現で、「am not」「are not」「 is not」「have not」(~ではない)(~ではなかった)など全てに使えます。ただフォーマルな表現ではないので身内の中でしか使えないです。※発音は「エイント」

■ your necks will be on the line.

  君の立場がやばくなるよ。

「neck」が「on the line」になる⇒「首が一線を超えて危険な事になる」から派生して、強烈なプレッシャーを掛ける言葉になります。

■ That’s the spirit!

  気合いだ!

アニマル浜口のように相手を鼓舞するお決まりの表現です。

-英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語 注意

ビジネス英語 フレーズ10(丁寧に人に注意する/火災訓練)

目次1 丁寧に人に注意をする2 火災訓練3 その他、役に立つフレーズ 丁寧に人に注意をする 相手に攻撃的にならずに礼儀正しく落ち着いて注意すれば、相手も素直に意見を受け止めてくれます。それは日本語だけ …

価格交渉

ビジネス英語 フレーズ14(価格交渉をする)

目次1 価格交渉をする2 その他、役に立つフレーズ3 ピックアップアイテム 価格交渉をする 海外のお客様相手に営業、販売の職種に就いている方なら必須のフレーズです。 10人中10人から値下げ交渉を求め …

英語 フレーズ

ビジネス英語 フレーズ04

目次1 What on earth am I going to say?2 My mind is blank3 Fast forward to ….4 Put in an order5 Make on …

英語 防災訓練

ビジネス英語 フレーズ11(火災訓練2/ホテルの予約)

目次1 火災訓練22 ホテルの予約3 役に立つフレーズ 火災訓練2 あまり使う頻度はないですが、簡単なフレーズで、色々な場面に応用できるので覚えておいて損はしないはずですよ。 ■ There&#821 …

昇進 出世 英語

ビジネス英語 フレーズ32(昇進する時)

目次1 会社で昇進する時2 その他、役に立つフレーズ 会社で昇進する時 会社で昇進、出世を言い渡す時、又、それを受ける時に使われる英語フレーズです。会社の業績を左右するので、どちら側も非常に責任のある …

プロフィール


Mitsugu

現在タイバンコクに駐在。海外生活やスポーツを通じて挑戦を続けています。酒・たばこ・ギャンブルを一切やらない質素な生活の日々です。
小学生から軟式野球を4年半⇒高校生ではラグビーを2年半⇒大学生でスノーボード⇒社会人でプロボクサー⇒現在はマラソン、筋トレを淡々と続けています。
大学生でアメリカロサンゼルスに短期留学⇒ニュージーランドで永住権取得(5年8ヶ月)⇒現在タイバンコクに駐在(7年0ヶ月)

もっと詳しく見る