Mitsuチャレンジ

チャレンジが人生を充実させます。私が今までチャレンジしてきた事を綴ります。

英語

ビジネス英語 フレーズ13(会話を誘導する/勧誘電話かける)

投稿日:

会話を誘導する

話し相手に話題を変えるようにお願いするフレーズです。

■ It’s not appropriate to talk like that.

  そのようなお話をするのは適切ではありません。

話し相手が人の悪口やプライベートな事を話し始めると気分が悪いですよね。その話を止めてもらうように丁寧にお願いしましょう。

■ Could we change the subject, please?

  話題を変えて頂けませんか?

■ Can we keep our conversation professional, please?

  仕事の事を話しませんか?

急いでいる時に直ぐに仕事の本題に入りたい時に使います。

勧誘電話をかける

テレセールスは既に衰退しつつありますが、上司や先輩に話を聞いてもらいたい時でも使えます。

■ Can you spare a few minutes of your time?

  少しお時間いただいても宜しいでしょうか?

「Could you spare me a few minutes?」と言っても構いません。

■ I’d like to tell you about our new ~

  弊社の新しい~についてお話させてください。

■ Thank you for your time. We hope to hear from you soon.

  お時間いただきまして有難うございました。

プレゼンの時なんかでも使えますね。

その他、役に立つフレーズ

■ by courtesy of the team from the London office.

  ロンドンオフィスチームの好意によって

「courtesy」は(好意、寛大)という意味で、「by courtesy of」で(好意によって、~の協賛によって)という意味になります。

■ She would be along soon.

  彼女は間もなく到着します。

「be along」で(~がやってくる、相手の方へ行く)⇒到着するという意味になります。

■ It’s going to his head.

  彼は酒に酔ってしまう。

「go to a person’s head」で(~を酔わせる、~を興奮させる)という意味になります。

■ He’s out of order.

  彼は乱れている。

「out of order」は機械などが壊れている時に使うのが一般的ですが、このように、酒に酔っぱらって乱れている時に嫌味も込めて使います。

■ She got the hang of keeping things professional.

  彼女は社会人として対処するコツを掴んだ。

「get the hang of」で(~のコツをつかむ)というフレーズです。

■ make a cold call

  勧誘の電話をかける、セールス電話をかける

「cold」と付けられているだけあってネガティブなイメージですよね。具体的見込みのないというニュアンスで「cold」と表現されています。

■ put out feelers

  探りを入れる。

「feeler」は(触手)、「Put out」は(外に出す、火を消す)という意味です。こじつけみたいですが、(触手を外に出す⇒肝心な物を見つけ出す⇒探りを入れる)となります。感覚的に理解しましょう。

例)I will put out feelers to see what is going on.
  どうなっているのか探りを入れます。

■ give it a go

  試しにやってみる

ここの「go」は名詞扱いで「試み」という意味です。

その他にも「give it a try」「give it a shot」という言い方もあり、(取り敢えず試しに!)という軽いノリのニュアンスが強いです。

■ You’re on fire.

  調子がいいね。

「on fire」で(燃えている)という意味ですが、人に対しては(心が燃えている⇒気分がノリノリ)というニュアンスで使われます。

例文)I got the order. ⇒Excellent! You’re on fire.
   注文取れました!⇒素晴らしい!調子出てきたね!

■ That sounds promising.

  それは期待できそうですね。

-英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビジネス会議

ビジネス英語 フレーズ09(会議を司会進行/誰かに手伝ってもらう)

会議を進行する時に使うフレーズを覚えていきましょう。 目次1 会議を進行する2 仕事を手伝ってもらう3 役に立つフレーズ 会議を進行する ■ Thank you for coming.   ようこそお …

英作文

英作文の練習で英語が上達する8つの理由

目次1 文章構成が組み立てられる2 一文を短くする習慣がつく3 プロフェショナルな接続詞が身につく4 稀な単語は使わなくなる5 スペルミスをしなくなる6 時制を正しく使えるようになる7 一般的な言い回 …

商品企画 英語

ビジネス英語 フレーズ22(商品企画の提案)

目次1 商品企画の提案2 その他、役に立つフレーズ3 ピックアップネタ 商品企画の提案 社内の商品企画会議などで、自分の提案内容を印象付けるために使うフレーズ、単語を厳選しています。大袈裟なくらいの熱 …

英語 苦情

ビジネス英語 フレーズ12(苦情を伝える/業績報告)

目次1 苦情を伝える2 部下に対して悪化している業績の報告3 その他、役に立つフレーズ 苦情を伝える サービスに対し、電話やメールで、英語で苦情を言う場合のフレーズを覚えておきましょう。 苦情であって …

ビジネス英語 ミス

ビジネス英語 フレーズ08(ミスしてしまった時の表現)

今日もお疲れ様でした。今日の締めくくりに、英語を少し覚えて自分のゴールに向かいましょう。 目次1 ミスしてしまった時に事態を収拾するための英語の表現2 便利なフレーズ3 Botherの様々な使い方 ミ …

プロフィール


Mitsugu

現在タイバンコクに駐在。海外生活やスポーツを通じて挑戦を続けています。酒・たばこ・ギャンブルを一切やらない質素な生活の日々です。
小学生から軟式野球を4年半⇒高校生ではラグビーを2年半⇒大学生でスノーボード⇒社会人でプロボクサー⇒現在はマラソン、筋トレを淡々と続けています。
大学生でアメリカロサンゼルスに短期留学⇒ニュージーランドで永住権取得(5年8ヶ月)⇒現在タイバンコクに駐在(7年0ヶ月)

もっと詳しく見る