Mitsuチャレンジ

チャレンジが人生を充実させます。私が今までチャレンジしてきた事を綴ります。

ランニング

ランニングやジョギングで腹筋が鍛えられます

投稿日:2020年3月23日 更新日:

走る事は全身を使った有酸素運動で、筋力トレーニングなどの無酸素運動とは違ってマッチョになりません。しかし、日常生活に必要な筋力が鍛えられる最も適した運動なのです。

■腹筋が鍛えられる

元々、誰もが腹筋が割れているのですが、皮下脂肪に覆われて隠れているだけです。

走る事で脂肪が燃焼されて皮下脂肪が減るので、隠れていた腹筋が見えるようになります。

さらに、走る時は体幹を支えるために腹筋に力が入るので、走る度に腹筋が鍛えられて、ほどよい硬さになります(筋繊維がダメージと回復の繰り返しで太くて丈夫になる)。

私も走り始めた時は腹筋が筋肉痛で痙攣していました。筋線維が回復する度に太くなっていったのでしょう。数週間で慣れてくれば筋肉痛はなくなりました。

■足腰が強くなる

継続するとどうなるでしょう。お腹がへこんで、かつ、見た目もかっこよくなりますが、何といっても、腹筋が鍛えられると腰が強くなります。

腹筋が強くない方は、どうしても全身を腰で支えてしまう為に、腰に負荷が掛かって、腰を痛めてしまうのです。

日常生活で、意識しなくとも、腹筋と腰をバランスよく使うようになって、腰への負担が大幅に低減できます。

私も走り始める前は、長時間の移動や、長時間の展示会など、立ち仕事が長い時は、腰痛がじわじわ襲ってきて苦痛で立ち続けていられませんでした。

走り始めて数ヶ月後、1日中立ちっぱなしでも腰の負担は全く無く、苦痛がなくなりました。

■走り方

コツは背筋を伸ばして正しいフォームでリズムよく腹式呼吸で走る事が大切です。

私の場合、最初はスピードを高めようとして前傾姿勢で走っていたので、腹筋がピクピクするほど筋肉痛がありました。確かに、一気に腹筋は鍛えられていたと思います。

しかし、無理がたたったのか、暫くして、アキレス腱、ふくらはぎに負担が掛かってしまい、足首近辺を痛めやすくなっていました。

なんとか精神力で乗り越えましたが、断続的な痛みは1年くらい続いてしまいました。

最初から無理をするといけませんね。継続する事が一番大事なので、やはり、背筋を伸ばして足首には負担を掛けずに正しい姿勢で走りましょう。

今日は、ランニング、ジョギングで腹筋が鍛えられる話をしました。

即効性はないですが、足腰に自信がない人、立ち仕事が多い方は、是非継続してみてください。

-ランニング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

野菜、サラダ

ランニングと食事

ランニングはカロリー消費スピードが早く、高い持久力を求められる運動です。 よって、ランニング前後の食事メニューはとても重要です。 目次1 ■ランニング前に摂取したい食べ物2 ■ランニング中3 ■ランニ …

健康な女性

ランニングで病気を予防する

一般的に、ランニングは健康的な生活習慣と言われていますが、一方で、心臓に負担をかけているので不健康なのではとの話もあります。しかし本当のところは何が正しいのか分かりません。 目次1 ■ランニングと健康 …

ランニングで怪我

ランニングと怪我

走り始めの時期は、無理に長距離を走らず、オーバーペースにならないように気を付けて下さい。最初から気合を入れて全力で走ってしまうと、怪我をして休養を取らざるをえなくなるかもしれません。 目次1 ■スター …

早朝 ランニング

初心者のためのジョギング

しばらく私のマラソン挑戦記録を書いていましたが、これから「走りたい」という方のために、初心者の方の為のジョギングについて書きたいと思います。 ジョギングとランニングは同じように聞こえますが、走りスピー …

マラソン大会

マラソン大会について(パート2)

目次1 ■2011年10月ナゴヤアドベンチャーフルマラソン2 ■2012年4月掛川・新茶フルマラソン3 ■マラソン大会参加のメリット ■2011年10月ナゴヤアドベンチャーフルマラソン 2011年4月 …

プロフィール


Mitsugu

現在タイバンコクに駐在。海外生活やスポーツを通じて挑戦を続けています。酒・たばこ・ギャンブルを一切やらない質素な生活の日々です。
小学生から軟式野球を4年半⇒高校生ではラグビーを2年半⇒大学生でスノーボード⇒社会人でプロボクサー⇒現在はマラソン、筋トレを淡々と続けています。
大学生でアメリカロサンゼルスに短期留学⇒ニュージーランドで永住権取得(5年8ヶ月)⇒現在タイバンコクに駐在(7年0ヶ月)

もっと詳しく見る