Mitsuチャレンジ

チャレンジが人生を充実させます。私が今までチャレンジしてきた事を綴ります。

映画

リメンバー・ミー/Coco ネタバレあらすじ レビュー

投稿日:2020年7月26日 更新日:

2017年製作(アメリカ)105分

監督:リー・アンクリッチ

個人評価:★★★★☆

ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ピクサー・アニメーション・スタジオ

映画「リメンバー・ミー」あらすじまとめ

メキシコに暮らす少年ミゲルは音楽が大好きだが、家族は音楽に関わる事を一切認めていない。その理由はミゲルのひいひいお爺さんが音楽の道に進むために家族を見捨ててしまったからでした。残された家族の為に、ひいひいお婆さんのイメルダは靴職人として一家を支えてきました。現在、祭壇の写真には一人娘のココ、イメルダ、そして顔の部分だけ切り取られた父親の姿が写っている。

少年ミゲルは、メキシコの大人気スターだったデラクルスに憧れて、家族に隠れてこっそりギターを弾いている。

今年も、ご先祖を迎えるためのメキシコのお盆の日がやってくる。そして、同時に音楽のコンテストも行われる。一方で、家族はミゲルに靴職人になる事を望んでいるが、ミゲルは音楽家を目指している。

ある日、飼い犬のダンテのいたずらで祭壇をひっくり返してしまい、イメルダ家族が写った写真のケースが落ちて割れてしまう。その時、ミゲルは写真が折り返して隠されていた部分を見て、ひいひいおじいちゃんの持っていたギターが伝説スターのデラクルスのものであると気付く。ミゲルはひいひいお爺さんがデラクルスと信じて大喜びをした。

ミゲルはコンテストに出場する為にギターを持ち出そうとしたが、お婆さんのエレナは、そんなミゲルを見つけてギターを粉々に壊してしまった。ミゲルはギターを持たずにコンテストに出ようとするが、楽器がないと出場できないと断られてしまう。

そこで、ミゲルはお墓近くの事務室にデラクルスのギターが飾っているのを知っていたので、それを借りようと、その事務室に忍び込むが何者かに見つかってしまった。ギターを抱えながら部屋の中に隠れたミゲルが、ふいにギターを弾いてみると、突然、光を発した。そして部屋の外の様相が変わっていた。そして部屋を出ていこうとすると、自分の体が人間には見えなくなり、死者の骸骨の世界が見えるようになっていたしまった。ミゲルはギターを盗もうとしたために呪いをかけられたのだった。

そして、ミゲルはお墓に帰ってきた祖先達と出会う事になった。

ミゲルたちは死者の国に向かう事になる。死者の国はとても華やかで光り輝いていた。

死者達が現存世界に帰る事ができるのは、祭壇に写真が飾られている事が条件であったが、ミゲルはイメルダ家族の写真を持っていたため、イメルダは現存世界に帰る事ができなかった。

ミゲルが現存社会に戻る為には、日の出までに先祖の許しを得なければならない。イメルダはミゲルに音楽に関わらない条件も付けくわえた。

しかしミゲルは現存社会に戻ってもギターを弾いてしまい、死者の世界に再び戻されてしまう。ミゲルはどうしてもギターを続けたいので、先祖だと思っているデラクルスの許しを得ようと会いに行く。

そこで、ミゲルは、写真が飾っていないので現存社会に帰れないヘクターと出会う。ヘクターは、“現存社会に戻って写真を飾る事”、ミゲルは、デラクルスと知り合いであるヘクターを一緒に探す事を約束した。

死者の世界でも音楽コンテストが開かれていて、優勝するとデラクルスが住む高層マンションのパーティーに招待される。まず、ミゲルはコンテストに参加する為、ヘクターの友人からギターを借りる事になる。その友人から無事にギターを借りることができだたが、現存社会で写真が存在しない彼は死者の国でも死んでしまった。ヘクターは自分も彼のようになる事を恐れている。

その一方で、イメルダたちは巨大な飛べるヒョウでミゲルたちを捜索していた。

ミゲルは何とかコンテストに出場して会場は大盛況であった。ミゲルはデラクルスのパーティー会場に潜り込み、ギターで注目を引く事によってデラクルスの気を引く事ができた。ミゲルは、自分がデラクルスの子孫だと伝えたところ、デラクルスに非常に親切に迎えられた。

そしてヘクターもやってきて、かつてデュエットを組んでいたデラクルスに自分の曲を独り占めされた事、ヘクターがデラクルスに毒殺された事を非難した。

デラクルスはその事実がバレるのを恐れて二人を監禁するように命令し、しまいには洞窟に落としてしまった。

洞窟の下で、ミゲルは「リメンバー・ミー」はヘクターが一人娘ココの為に作った曲である事、ヘクターは、もう一度だけ現存社会のココに会いたいという事を話す。そこで、ミゲルはヘクターが自分のひいひいいお爺さんである事を知った。

そこへ巨大なヒョウに乗ったイメルダたちが現れ、二人は洞窟から助け出された。

そしてライブ前のコンサート会場に居るデラクルスからヘクターの写真を取り返す。イメルダはミゲルを現存社会に返そうと許しを与えようとしたところで、デラクルスが邪魔をしてしまう。しかし、コンサート会場でその一部始終を撮影されていたデラクルスは、死者の来場客に全ての悪事がばれてしまった。

ミゲルが現存社会に戻れるのか、ヘクターは「死者の日」に現存社会に帰って、ココの姿を見る事ができるのか、続きは本編をご覧ください。

映画「リメンバー・ミー」のストーリー

ビジュアルが、キンコン西野が書いた「えんとつ町のプペル」を思わせる、ほんまにカラフルで美しい映像です。こんな暖かくてカラフルな世界に行ってみたい、住んでみたいと、思わず童心に返ってしまいました。あまりにも一つ一つの場面を繊細に表現したリアルで美しい絵に入り込んでしまいました。

なんちゅうても、この映画の最大のテーマの音楽が最上級でしたわ。耳に心地よく残る「リメンバー・ミー」は、歴史に残る名曲になってもええ曲やと思います。作曲は「アナ雪」の「レット・イット・ゴー」を作曲したロペス夫妻ですから、やっぱり世間受けするコツを掴んでいるんでしょうね。

壮大なビジュアルで描いたファンタジー感、ノスタルジー感、情緒的な音楽、ライブ感、心温まる感動、ほぼ完璧な仕上がりの作品で、アカデミー賞やゴールデングローブ賞などのアニメ映画賞を受賞しています。ふだんアニメ映画は観ませんけど、想像以上の出来栄えに震えました。

映画「リメンバー・ミー」を観て考えた事

普段全然考えへんことですけど、現在の世界と先祖様って、一人の人間が生きている内は、ずっと、心で繋がっているんやと思います(死後の世界は分かりませんけど、繋がっていてほしいです)。

だからこそ、お墓参りする事、仏壇で手を合わせる事っちゅのは、少しでもご先祖様と繋がる手段なんで、忘れないように続けなあかんと思います。

この作品でもあったように、ご先祖様を忘れてしまう事は、そのご先祖様は二度死んでしまう事になるっていうのは、ある意味その通りでしょう。誰の記憶にも残らないという事は、人の心の中でも無になってしまいます。常にご先祖様に守られている事に感謝して生きなあかんと反省させられました。

-映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

グッド・ウィル・ハンティング

グット・ウィル・ハンティング/旅立ち(GOOD WILL HUNTING)ネタバレあらすじ レビュー

1997年製作(アメリカ)170分 監督:ガス・ヴァン・サント キャストマット・デイモン(ウィル・ハンティング役)ロビン・ウィリアムズ(ショーン・マグワイア役)ベン・アフレック(チャッキー・サリヴァン …

(500)日のサマー 映画

(500)日のサマー((500) Days of Summer)ネタバレあらすじ レビュー

2009年製作(アメリカ)97分 監督:マーク・ウェブ 個人評価:★★★☆☆ キャストジョセフ・ゴードン(トム・ハンセン)ゾーイ・デシャル(サマー・フィン) 目次1 映画「(500)日のサマー」あらす …

最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方(The Bucket List)ネタバレあらすじ レビュー

2007年製作(アメリカ)97分 監督:ロブ・ライナー キャストジャック・ニコルソン(エドワード・コール役)モーガン・フリーマン(カーター・チェンバーズ役) 個人評価:★★★☆☆ 目次1 映画「最高の …

もしも昨日が選べたら CLICK 映画

もしも昨日が選べたら(Click)ネタバレあらすじ レビュー

2006年製作(アメリカ)107分 監督:フランク・コラチ 個人評価:★★★★☆ キャストアダム・サンドラー(マイケル・ニューマン)ケイト・ベッキンセイル(ドナ・ニューマン)クリストファー・ウォーケン …

6歳のボクが、大人になるまで 映画 レビュー

6歳のボクが、大人になるまで/Boyhoodネタバレあらすじ レビュー

リンク 2014年公開(アメリカ)166分 監督:リチャード・リンクレイター 個人評価:★★★★☆ キャストメイソン・エヴァンス・ジュニア:エラー・コルトレーン ※本作の主人公オリヴィア・エヴァンス: …

プロフィール


Mitsugu

現在タイバンコクに駐在。海外生活やスポーツを通じて挑戦を続けています。酒・たばこ・ギャンブルを一切やらない質素な生活の日々です。
小学生から軟式野球を4年半⇒高校生ではラグビーを2年半⇒大学生でスノーボード⇒社会人でプロボクサー⇒現在はマラソン、筋トレを淡々と続けています。
大学生でアメリカロサンゼルスに短期留学⇒ニュージーランドで永住権取得(5年8ヶ月)⇒現在タイバンコクに駐在(7年0ヶ月)

もっと詳しく見る