Mitsuチャレンジ

チャレンジが人生を充実させます。私が今までチャレンジしてきた事を綴ります。

筋トレ

筋トレを毎日やりたい

投稿日:2020年5月4日 更新日:

筋トレを始めるきっかけは人それぞれで、「ダイエット」「シックスパックをゲットしたい」「芸能人の〇〇のようになりたい」など様々でしょう。私も同じように、きっかけがありました。

■ 私が筋トレを始めたきっかけ

1年半前にフィットネスジムで「ボディーパンプ」に参加していた時、引き締まった体でバーベルを持ち上げていた人がいました。

その時に、昔憧れていた(「ブルースリー」の体になりたい)という潜在意識を呼び覚まされた事が筋トレを始めるきっかけでした。

フィットネスジムは大人気で、かつ、仕事を終えて通う時間帯はいつも大混雑していました。トレーニング器具待ちで数十分を待たされる事が多く、トレーニング時間よりも待ち時間の方が長かったです。そういう時間がもったいなく感じたので通うのを断念しました。

その時から、自宅で気軽にできる自重筋トレをやっています。

■ 筋トレを行う頻度と時間

フィットネスジムでの筋トレを断念してから、自宅で自重の筋トレを習慣化するようになってから1年が経過します。

ジム通いを続けていたら、ひょっとしたら継続できていないかもしれません。

器具を使って行う筋トレは負荷が掛かり過ぎる為、筋肉を休ませないと逆効果になってしまいます。筋肉が損傷して回復するまでに3日ほど掛かります。その3日間は筋線維が修復しようとしている段階です。筋肉が修復する前に筋トレをしてしまうと、筋線維は破断したままで、ちっとも成長しなくなってしまいます。

器具を使った筋トレを毎日行いたい人は、上半身を週2回、下半身を週2回という具合に、分割法でやれば良いのですが、そうすると、ジムまでの往復時間、準備時間、器具の待ち時間、シャワーの時間など、1回のトレーニングで2時間は必要になるでしょう。

ところが、自分の時間は都合よく使えません。接待、残業、家族サービス、食事会などのイベントで、その日の筋トレの予定がつぶれる時があるし、筋トレが出来ないストレスを感じる事もあるでしょう。それが何度も続いてしまうと「もういいや」という続かないパターンが生まれてしまいます。

そういう忙しい人には、時短できる自宅の自重筋トレが絶対お勧めです。

詳しくは、自宅トレーニングのページで紹介していますが、毎日テレビを見ながら最短15分で完了します。疲れていたり、気が乗らなかったりする日はやっつけ作業ですが、それでも毎日の習慣としてルーティーン化する事ができます。

何でも継続する事が重要だと思うので、毎日できる自重筋トレは、フィットネスジムに通うよりも何十倍も継続できる可能性は高いです。

■ さらに効率的に筋トレを行う

短い時間の中で、さらに短期間で効果が上げたいのなら、次の事を実践すると良いでしょう。

① 一つ一つの動作に強弱をつけて丁寧に動かす

自重に反する動作はゆっくりと行う事です。

例えば、スクワットは膝を延ばす時、プッシュアップは体を持ち上げる時、腹筋ローラーはローラーを引く時に、息を吸いながらゆっくりと動作を行います。

② インターバルは短くする

インターバルは30秒と決めてダラダラと休憩しないで行えば、時短になるだけでなく、筋肉にも刺激を与えやすいです。

短時間で効率よく行うというところがポイントで、忙しくても、気が乗らなくても、短時間で行えるからこそ毎日継続し易くなるのです。

私の場合、本当に気が乗らない時は、チョコレートをゆっくり味わい、Youtubeでお笑いを見ながら筋トレをしています。

Youtubeで思い出しましたが、私がチャンネル登録している筋トレ系チャンネルを紹介します。

アラサー健康ちゃんねるMarina Takewaki

⇒チャンネル登録数が驚異的に伸びています。

眺めているだけで、このチャンネルを見ながらトレーニングした事ないですが、何でこのチャンネルが急上昇なのか見てもらえれば分かるでしょう。

メトロンブログ

⇒まさに自重筋トレのプロフェッショナルです。いつか、この動画を見ながらトレーニングしたいと思っているのですが、まだ実行できていないです。

以上、筋トレは自宅トレーニングで毎日継続しましょう!

-筋トレ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

腹筋ローラー、プッシュアップバー

毎日の生活に筋トレを組み込む

自重トレーニングを始めて10ヶ月が経ちました。 私は継続する事を重視しているので、仕事から帰って食後にTVを見ながらトレーニングをしています。ゆっくりインターバルを空けてやっているので20分程で終了し …

スクワット

自宅トレーニング

現在私が暮らしているタイバンコクでは、新型コロナウィルス感染予防対策でスーパーやコンビニ以外の全てのお店が休業中です。 さらに夜間10時から午前4時までは完全に外出禁止状態なり、街はいよいよゴーストダ …

モチベーション

「超 筋トレが最強のソリューションである」(著者テストステロン)のまとめ

超 筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超・科学的な理由 「運動が良いのは分かっているけど何か面倒くさい」「勉強・仕事が忙しくてやる暇がない」という方に是非とも読んでもらいたい本です …

プロフィール


Mitsugu

現在タイバンコクに駐在。海外生活やスポーツを通じて挑戦を続けています。酒・たばこ・ギャンブルを一切やらない質素な生活の日々です。
小学生から軟式野球を4年半⇒高校生ではラグビーを2年半⇒大学生でスノーボード⇒社会人でプロボクサー⇒現在はマラソン、筋トレを淡々と続けています。
大学生でアメリカロサンゼルスに短期留学⇒ニュージーランドで永住権取得(5年8ヶ月)⇒現在タイバンコクに駐在(7年0ヶ月)

もっと詳しく見る