Mitsuチャレンジ

チャレンジが人生を充実させます。私が今までチャレンジしてきた事を綴ります。

英語

ビジネス英語 フレーズ18(上司への報告/新メンバーとの挨拶)

投稿日:2020年5月18日 更新日:

上司への報告

上司への報・連・相は的確なタイミングで簡潔に行わなければなりません。的確に、かつ端的に伝えられるように基本的なフレーズは覚えておきましょう。

■ It’s good news – I’ve closed the deal with and the contract is signed.

 良いお知らせがあります。契約締結してサインを頂きました。

■ We need to proceed with the order as quickly as possible.

 出来るだけ早く注文の処理を進めなければなりません。

■ I’m committed to getting the order delivered on time… but I will need some help.

 受注商品の納期を間に合わせる事に専念します。ご協力ください。

「I’m committed to」で(取り組む)(専念する)(責任がある)になります。toのあとは名詞か動名詞が続きます。

新メンバーとの挨拶

新入社員でもない、移動してきた上司や先輩に対しては、相手を敬いながら、自分の意見もしっかり尊重してもらえるような態度で臨む事が大事ですね。英語は直接的な表現がほとんどですが、遠慮する事なく、どんどん主張してください。英語が母国語でない我々にとって、意外と遠慮せず伝えれるものです。

■ I understand you have lots of experience so I would like to use your skills to help with the task.

 Aさんがご経験豊富なのは存じています。Aさんのスキルを生かしてこの案件を手伝って頂けると助かります。

■ Together we can do this job really well.

 Aさんと一緒に、この案件を円滑に進められるはずです。

少し意訳しましたが、相手に歩み寄って(一緒に協力し合いましょう)という意思を伝えるフレーズです。

■ Let’s discuss this so we can agree on a plan of action.

 この案件の計画を練るための話し合いをしましょう。

■ Please respect my decision and let’s move on.

 私の意見も尊重して頂きたいので話し合いましょう。

その他、役に立つフレーズ

■ you should keep him in the picture.

 あなたは彼に状況を説明しておくべきです。

この文章の中の「picture」は全体像という意味を示しており、“情報更新する”という事になります。「put someone in the picture」も同じ意味で使われます。

■ It was quite an experience.

 かなり素晴らしい経験ができました。

「quite」を使っているのは(滅多にない~)というニュアンスが含まれていて、このあとに名詞が続きます。

例)Ichiro is quite a baseball player. イチローはかなり素晴らしい野球選手だ。

■ He seems really grumpy.

 彼はかなり不機嫌にみえます。

「grumpy」は(不機嫌な、イラついている)という意味で、「I feel so grumpy」などと表現します。

■ allegedly,

 話によると、

報道番組などで良く使われる単語で、(話によると~)(伝えられた話によると~)。「reportedly」という単語も使われますが、こちらの方が不確かさは残ります。

■ get on like a house on fire.

 あっという間に仲良くなる。

「get on」(近づく)と「like a house on fire」(家が燃えるくらい早く)の組み合わせの慣用句です。

■ This is awkward.

 これは気まずいです。

「uncomfortable」の同じような意味で使用されることが多いです。

■  Let’s just get down to business

 さあ、仕事に取り掛かりましょう。

仕事を始める時の一般的な合言葉です。「get down」は(降りる)(かがむ)という意味もあります。

■ get hold of the product

 その商品を押させておく。

「get hold of」の意味は様々あり(~をつかむ)(~を押さえる)(~を手に入れる)(~と連絡を取る)などです。いずれにしても“自分の手中に収める”というニュアンスですね。

■ stand your ground

 踏ん張りなさい。

あなたの「ground」(立場)を「stand」(固持する)するという意味で、ここでは、“負けないで自分の意見を主張して”という励ましのフレーズです。

■ Why didn’t you say?

 何で言わなかったのですか?

“始めに言ってくれないと困るよ”というニュアンスが含まれています。

■ We pride ourselves on quality products.

 我々は製品品質に誇りを持っています。

「pride oneself on~」(~を誇っている)(~を自慢する)はフォーマルな表現です。一方で「be proud of~」はカジュアルで日常的な表現です。

■ He is lost for words

 彼は何を言ったらいいか分からない。

(突然の出来事に驚いてしまって)言葉を失った状況です。

今日のピックアップネタ

だいじろー Daijiro

だいじろー君はタイに来て現地採用で日系企業に就職し、Youtube一本で頑張ろうとしていた矢先に、鬱とパニック症候が再発して、昨年末に日本に帰られてしまいました。

しかし現在でも日本で独自のYoutubeチャンネルを開設されて、個人的に一番応援しているユーチューバーです。

彼は日本のインターナショナルスクールに通って、自らもガリ勉君になって英語力を伸ばし、TOIECスコアは900以上(正確には忘れました)。

さらに、英語の発音だけでなくタイ語の発音もかなりの上級者です。タイ人のモノ真似は、いつ観ても腹を抱えるほど笑わせてくれています。

耳がいいだけではなく、特徴を掴んで表現をするセンスが抜群です。

「タイ英語」vs「日本英語」とかいう何気ない企画力も優れているし、それを難なくこなしてしまう驚くべき才能です。

もっと多くの日本人に知られるようになれば、何らかの形で成功していく逸材でしょう。

「タイ英語」vs「日本英語」は、ほんの一例ですが、タイ居住の日本人ならツボにハマってしまうのは間違いなしです。一見の価値ありです。

-英語

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英作文

英作文の練習で英語が上達する8つの理由

目次1 文章構成が組み立てられる2 一文を短くする習慣がつく3 プロフェショナルな接続詞が身につく4 稀な単語は使わなくなる5 スペルミスをしなくなる6 時制を正しく使えるようになる7 一般的な言い回 …

英語 防災訓練

ビジネス英語 フレーズ11(火災訓練2/ホテルの予約)

目次1 火災訓練22 ホテルの予約3 役に立つフレーズ 火災訓練2 あまり使う頻度はないですが、簡単なフレーズで、色々な場面に応用できるので覚えておいて損はしないはずですよ。 ■ There&#821 …

ビジネス英語 フレーズ19(スタッフについての相談/商品販売後のフォロー)

目次1 問題のあるスタッフについての相談2 商品販売後のフォロー3 その他、役に立つフレーズ4 今日のピックアップニュース 問題のあるスタッフについての相談 今回のエピソードでは、職務を果たさないスタ …

職場で怪我 英語

ビジネス英語 フレーズ21(職場の安全衛生)

目次1 職場の安全衛生2 その他、役に立つフレーズ3 ピックアップネタ 職場の安全衛生 職場で怪我をした場合、労働基準法などで会社内で報告する事が義務付けられていて、労災が適用されかどうかも関わってき …

新商品開発 英語

ビジネス英語 フレーズ27(新商品開発)

目次1 新商品開発2 その他、役に立つフレーズ 新商品開発 新商品開発のアイデアを思い描いた通りの形にするために、全てのコンセプト・スペックを盛り込んだ設計力が製品開発のカギになります。アイデアを的確 …

プロフィール


Mitsugu

現在タイバンコクに駐在。海外生活やスポーツを通じて挑戦を続けています。酒・たばこ・ギャンブルを一切やらない質素な生活の日々です。
小学生から軟式野球を4年半⇒高校生ではラグビーを2年半⇒大学生でスノーボード⇒社会人でプロボクサー⇒現在はマラソン、筋トレを淡々と続けています。
大学生でアメリカロサンゼルスに短期留学⇒ニュージーランドで永住権取得(5年8ヶ月)⇒現在タイバンコクに駐在(7年0ヶ月)

もっと詳しく見る